猫の病気を知ろう

猫の病気を知ろう
未分類 | 01月08日更新

猫のしつけのために大切な食べ物の扱い方

猫のしつけをするためには、与えるべき食べ物の区別をすることが欠かせません。塩分が強いものを与えることは避けるべきです。人間の食べ物には多くの塩分が含まれますが、腎臓の機能が弱い猫に与えてしまうと大きな負担となります。塩辛い焼き魚やハムを与えることは避けるべきです。煮干しを与えるときには、ペット専用のものを利用することが重要です。

食べ物を与えるためのしつけは、猫が小さいときから行うことが理想です"

" (続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新

猫のしつけで困ったときには教室を利用

飼い主の手に負えないほどに言うことを聞かない猫を飼っている場合には、しつけ教室に通わせることも有効な方法です。猫によって性格は違うものですから、飼い主にとっては今までの経験が活用できない場合もあります。プロに依頼することによって、猫の精神状態に配慮したしつけを行えるようになります。餌の食べ方や、トイレの使い方などの基本的な行動を教えるためにも適切です。

猫のしつけ教室を探すことは昔は大変でしたが"

(続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新

適切なしつけを行って猫が鳴くことを制限

鳴くのは猫の習性ですが、夜中の時間にまで行われては困ったことになります。甘えているときだけなら良いのですが、発情期になってうるさくなることは困ります。発情期にはしつけだけでは対処できないため、去勢手術を受けさせることも選択肢の一つとして重要です。猫の発情期は必ず訪れるものですから、そのままにしておけば鳴くことを止めることは難しくなります。

しつけが十分ではない場合には、鳴き声で近所に迷惑をかける"

(続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新

猫のしつけのために叩くことは厳禁

猫が飼い主の指示に従わないからといって、叩くことは絶対にしてはいけません。猫は飼い主の行動をよく観察していて、暴力をふるう人を見分ける能力も持っています。口よりも先に手を出してしまう人によくあることですが、我慢してしつけを行っていくことが大切です。トイレの使い方を教える場合でも、根気強く続けることで猫に気持ちが伝わっていきます。

しつけで叩くことをすれば、猫は人間を恐れるようになって物陰に常に隠"

(続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新

猫が飼い主を噛むクセを止めさせるしつけ

猫が活動するときには、飼い主を噛む習性があります。じゃれているときの仕草ですが、大人になってからも続けさせるようでは困ります。そのため、適切なしつけを行って止めさせることも重要です。猫が飼い主の腕や足を噛むということは、ストレスがたまっていることを意味しています。普段からしっかりと遊んであげれば、ストレスがたまることがなくなります。猫じゃらしなどのオモチャを使って、十分に構ってあげれば自然と従順に

" (続きを読む...)

top